サクランボ色づき始める

サクランボが色づき始めました。5月6日に公開したサクランボの写真は、受粉がうまくなかったサクランボだったようです。その後実が大きくならずに萎んでしまいました。結局、ミツバチを使った受粉は、花が佐藤錦だけだったのであまりうまくいかなかったようです。現在は、サクランボの実がパラパラとなっています。その実が色づき始めました。
画像

画像


詳しくは、ホームページ「趣味の果樹栽培」へどうぞ。


この記事へのコメント

しお
2009年05月31日 07:32
ご無沙汰しております。
受粉樹からの花粉でないと実止まりが悪いという事のようですね。
ミツバチの有効性は確認できましたから、受粉樹の確保が急がれますね。
2009年05月31日 16:51
サクランボの実は、パラパラとなっています。
サクランボの実の初期の段階で、受粉がうまくいったと勘違いしてしましました。受粉がうまくいかず、多くの実がしぼんでしまいました。佐藤錦の受粉樹の花がなかったのが原因のようです。
来年は、数種類のサクランボの花が咲く予定なので、今年よりも良くなることを期待しています。
たわわになるのはいつのことやら。